書籍が多い方必見の情報です

書籍が多い方必見の情報です

はじめて触れた書籍、教科書

子供の頃は、絵本がお友達でした。カラフルな色使い、豊かな表情に釘付けになり、むさぼるように絵本を何度も何度も読んだものです。それが小学校に入学し、国語の教科書を手にとったとき、はじめはなんだか無味乾燥なものに思ったのを今でも覚えています。しかしながら、授業中、国語の教科書を途中まで読むと、つづきが気になって仕方がありませんでした。時には夏目漱石のような文豪が書いた作品や外国の作家が書いたものまで今まで触れていなかった新しい世界が私をぐいぐい引き寄せてきたのです。

授業中に、先生の話そっちのけで続きを読むことがありました。そして、そのたいていが、話の途中で終わっているのです。本当に続きが気になるものは、その続きを書籍で購入して読みました。またある時は、とても気に入った作家については、その作家の違う作品を購入してみるなど私の世界が書籍をとおしてどんどん広がっていくのを感じました。国語の教科書という書籍の出発点が今の私を作っているといっても過言ではありません。

その他、おすすめのページ

お役立ち情報

Copyright (C)2018書籍が多い方必見の情報です.All rights reserved.