書籍が多い方必見の情報です

書籍が多い方必見の情報です

書籍と自分の将来の可能性

書籍を読んで、それを自分のものにするという過程は、非常に簡単なように見えますが、本を読めば読むほど、その難しさがよくわかります。その大きな理由は、文字に書いてある意味の把握が、人により非常に違うからです。例えば、愛ということが説明されている場合に、ああ、愛かと皆思い、それが共通の概念だと思いますが、実は全く違っていたりします。簡単に言うとイメージの違いということですが、恋愛の愛をイメージする人もいれば、自分を犠牲にして、人のために尽くすという愛のイメージもあります。そこで作者がどのようなイメージを感じて書いたかということを探る作業が出てきます。

また表現の仕方や、ニュアンス、時代的な背景も違うので、その時代の作者の歴史的背景や、一般的な人たちの考え方を理解する必要もありますが、普通はそれはしません。要するに、今現在の日本の、今の社会で使っている、その単語のイメージで考えますから、だいぶ違った本になってしまう可能性があります。特に抽象的な哲学や宗教、倫理関係では買った区別物になったりします。

その他、おすすめのページ

お役立ち情報

Copyright (C)2018書籍が多い方必見の情報です.All rights reserved.