書籍が多い方必見の情報です

書籍が多い方必見の情報です

古書籍としての古文書の取り扱い

古本は日本全国いろいろな場所で、いろいろな形態のお店で取り扱われていますが、日本の中でもっとも有名な古書街は東京の神保町です。神保町では、医学や美術など専門毎にお店が成り立っているそうで、その収集力には驚嘆すべきものがあります。古書籍には近世以前の古文書もありますが、こういったクラスになると歴史的な価値を有するものになりますので、博物館などの公的な専門施設で保管されることになります。

古書籍のうち、古文書は近世以前の文書で、博物館でよく見る朱印状などもその一種になります。以前、日本の役所においては都合の悪い行政文書を処分するといったことが行われましたが、行政文書も時の経過とともに、その時代の政策決定の過程を証明する歴史的文書となります。後世の歴史家の評価を受けるためにも貴重な文書として保管すべきであって、公設の文書館も設置されつつあります。ただ、財政難の折ですので、こういったアーカイブズに関する予算は真っ先に削られてしまう傾向にあるようです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2018書籍が多い方必見の情報です.All rights reserved.