書籍が多い方必見の情報です

書籍が多い方必見の情報です

書籍としての本と学習の仕方

電子書籍もそうでしょうが、現実の本からもいろいろなことが学べます。またいろいろな分野の学習のために本を読むということもよくあります。それらに共通する本の読み方としてのノウハウの本もありましたが、それによると、まず購入してきたら、ひと通り簡単に通読します。それで目次から本の内容のだいたいの輪郭を理解します。その後今度は精読しますが、これが本番の読み方で、1ページずつじっくり読みます。その本が記憶しないといけないような内容のものの場合には特に方法があります。

それは、ひとつの区切りまで読んだら、また元に戻り、最初から読み始めるという方法で、それを本が終わるまで繰り返しますから、例えば10章あったら、読み終わる頃には、最初の章は10回読んでいることになります。その時にもノートなどに記憶することを書きますが、やはり手で書くのが良いようで、パソコン入力では、なかなか難しいようです。語学などは、この方法だと、当然覚えも早くなるでしょうし、記憶も良くなるのではないかと思います。

その他、おすすめのページ

お役立ち情報

Copyright (C)2018書籍が多い方必見の情報です.All rights reserved.