書籍が多い方必見の情報です

書籍が多い方必見の情報です

娯楽関係の書籍と時代小説

私が楽しんだ書籍は、時代小説で、特に歴史に興味がありましたので、歴史関係の小説を読んでいました。例えば中国の古代の春秋戦国時代の関係の小説とか、古代ギリシャ、ローマ時代の小説や小説のような歴史書などです。一時は夢中になり、そればかり読んでいた時期もありました。日本では有名な司馬遼太郎関係の歴史小説で、竜馬がゆく、などは、胸を躍らせて読んだもので、この作者は、とても詳しい調査をして小説を書くので、司馬史観とまで言われた歴史学者的な人でもありました。

しかし小説と歴史書の違いは、小説だと作者がひとりなので、どうしても色々な主人公の考え方に共通の考え方や思想が出てきてしまい、いわゆる鼻につくという状態になるので、またかという感じがしてしまいやすくなり、そうなると他の作者に移る時期になります。またたくさん書いている人は、どうしても、後の作品は、荒くなりやすくなります。仕事なので書かないと生活できないということでしょう。作者もなかなか大変です。

その他、おすすめのページ

お役立ち情報

  • 脱毛(立川)についてはこちらのWebサイトが便利です。

Copyright (C)2018書籍が多い方必見の情報です.All rights reserved.